2008年06月25日

第25話「小さな街の小さな友情」

pol_25.jpg農園で働くポルフィ。もうすっかり農園での生活も板についたようだな。ヲイヲイ旅はどーした、ミーナはアレッシアは?
ポルフィが喰ってるイタメシなんか旨そうだな。そんなときテュリオ(イラーリアの親父)がポルフィにうちの子にならないか?と聞くが、当然断るワナ。名劇ではよくある話だけど現実にはそうないよな。そんなときまたもデイジー登場。デイジーの父は皮革職人で工房を訪ねる。イラーリアにバッグを買ってやれと、ポルフィとデイジーがマクシミリアンをそそのかす。そりゃ本人前にして断れんワナ。んで、学生身分でカネはどーすんの?
農場のオリーブオイル精製工場へ。デイジーパパの皮工房もそうだけど、名劇名物ものづくり場面ですな。できればオリーブオイル絞っているところも見たかったが。
そんなところにあの町長がくる。移動遊園地の作業員からミーナの情報が得られたとのこと。かなりあいまいな情報だが、ポルフィにしちゃ藁にもすがる思いだもんな。
ついでにメリーゴーランドに乗せて貰う。ミーナにも乗せてやりたいと、ちょっとやそっとで泣かないポルフィが感極まって泣いてしまう。
バイト代も貰ったしカウロニアを発つときが来た。別れ際なぜかレベッカが泣いている。ポルフィに惚れた?さすが大人の女まで虜にしてしまうポルフィて年上キラーかwんで、デイジーも別れを悲しんでいる。ホントにモテモテだなw
駅で列車を待つが遅れているらしい。だからって貨物列車に乗り込むことはねーだろ。つか、この手でいけば列車賃いらないじゃね?
もっとも次回の予告見たら、それが仇となって列車ごと鉄道連絡船でメッシナ海峡を渡りシチリアに行ってしまうのだが。なんか来週もワクテカな展開だな。シチリアといっちゃもちろんマフィアだよな。それらしいのもいるし。

今回は結構盛りだくさんの回だな。名劇名物「うちの子にならんか」あり、ものづくりあり、別れあり、涙あり( ;∀;)イイハナシダナー
前回恨みを買った町長が一悶着起こすと思ったら、意外とイイひとだったり、期待外れ?もあったけど概ねイイ話だったな。もう25話でほぼ折り返し地点。今のところ旅先ではイイひとばかりなワケだが、これはポルフィが運がイイだけか?それとも上げて落とす、今後の展開の布石か?悲惨になったところでアレッシア再登場かな。
カウロニア編でまたひとつレベルが上がったなwモテモテスキルにも磨きがかかったみたいだし。そろそろホイミくらいは覚えてもイイ頃だなw

久しぶりの当たらない今後の展開大予想。
女誑しのポルフィはついにマフィアの女に手を出してしまう。んで、マフィアを敵に回し全シチリア島を巻き込んだ抗争事件に発展。このシチリア編だけで20話を消化してしまう。
次回「ポルフィの仁義なき戦い」お楽しみにw
posted by ポコニャン at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 第21話〜30話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

第24話「笑顔の帰る場所」

pol_24.jpgイラーリアとレベッカを半ば強引に仲直りさせようと奔走するポルフィ、なんかもうすっかりポリアンナ気取りですなwま、つまらんことで意固地になってる彼女のほうが問題なんですがね。
んで、意外とあっさり仲直りしちゃう。結局仲直りするきっかけがなかったのでしょうな。誰かが背中を押してくれなきゃ一歩踏み出せない、て案外大人のほうが多いかモナ。大人ってむずかし〜い(´・ω・`)

これにて一件落着てところにデイジーが早くも再登場。残念ながらこのタイミングでは目立った活躍の場はない。別に悪くないけどネ。たぶん次回大きく話に絡んでくるのだろう。乞うご期待!
デイジーパパの提案で町庁舎内にミーナの似顔絵入り捜索願を掲示することに。ポルフィが書いた絵が(ノ∀`)アチャー
その後、ポルフィと町長が小便器に奪い合いに。まぁ危機に瀕した人間てあんなモンですよwオイラもモノレールで浜松町駅についたときすでに危機的状況で、トイレに駆け込んだら掃除中で使用中止だった。そのときは掃除のおばちゃんと我が運命を呪ったモンですw彼らも同様の状態だったのでしょう。
でも、なんか町長の恨みを買ったようですな(´・ω・`) 

ポルフィが書いた人形の脅迫状もどきて、よく考えたらイタリア語で書いていたな。ホントにどこで覚えたんだ?案外教育水準が高いのかな?あまり勉強熱心には見えなかったけど・・・
それと回想シーンで出てきた少女時代のイラーリアて、誰かに似てると思ったら「おもひでぽろぽろ」の少女時代のタエ子に似てね?そういや、大人バージョンも似てなくない。
もうひとつツッコミ、デイジー声が子供っぽく聞こえない。キライじゃないんだけど、さすがに年齢的に無理じゃね?

さて、来週も「ポルフィの世直し珍道中」お楽しみに。
posted by ポコニャン at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 第21話〜30話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

第8話「真夜中の作戦」

pol_8.jpg映画の世界にあこがれるミーナ、なんかもう目がいっちゃってます。
ザイミスに弟または妹ができるらしい。あのザイミスママただ太ってるだけかと思ったw
それを聞いたミーナが「うちも赤ちゃんできないの?」て、まぁ無茶言うなよ。まさかどうやったら子供が出来るの?とか大人の事情なんか聞くなよw
一方で商売あがったりのパタゴス大ステーション。ぼんやり道行くクルマを眺めるポルフィ。どーやったら客が増えるか考えるポルフィ、パンクの原因からヒントを得てなにやら悪知恵を働かせたようです。
釘をばらまいてパンクさせて客を増やすて、よくもまぁこんな恐ろしいことが思いつくモンだな。あれだな、消防士が消火活動やりたくて放火する事件てあったよな。アレといっしょだなw早速釘を購入、もし事件を起こせばこれだけでもバレバレだろ。完全犯罪にはほど遠いな。
例の作戦をザイミスに自慢げに言う。またザイミスに重荷を背負わせているな、ホント悪友だよ。今度はミーナにも秘密を背負わせている。
んで、真夜中に作戦実行。犯罪の成功を流れ星に祈るってwwwでも、ギリギリの一線で踏みとどまったのは、正直ほっとしましたな。と、そこへクルマが!!!!!!!!!!!
posted by ポコニャン at 01:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 第1話〜10話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

第23話「ひび割れた人形」

pol_23.jpgおっ!冒頭からポルフィのシャワーシーン。またフリチンですかw
農園での朝。山羊もいる。「ほーーーーーーっ」と言って山羊を呼ぶ。第1話のアレですか。母は偉大なりw
ポルフィとイラーリアは町へ買い物へ。すると例の屋敷の前でクルマが故障て、いかにもな展開。ワケありのイラーリアにとっちゃ最悪のタイミングですな。んで、イラーリアが修理道具を取りに行ってる間にポルフィは屋敷に侵入。するとこわ〜い顔のレベッカに見つかり倉庫に閉じ込められる。ポルフィのモテモテオーラも大人の女には通用しないか?
ひど〜いお仕置きが待っているかも((o( ̄ー ̄)o)) ワクワク

二人にどんな背景があるかと思いきや、マクシミリアンをめぐったよくある三角関係。
ま、女の友情なんて好きな男の前で簡単に崩れてしまいますわw
回想シーンで、イラーリアの抜け駆け?を知ったレベッカは、怒りのあまり友情の証だった人形をたたき割ってしまう。これ見たときオイラ、アンネットが木彫り破壊している戦慄の場面を思い出しましたよ((( ;゚Д゚))))ガクブル
それでも人形を修繕しているところみたら少しは仲直りしたい気持ちもあるんだな。

3人の事情を知ったポルフィは「レベッカはあきらめるしかないよね」て。ま、その通りなんだけど。んで、やっぱり強引に仲直りさせようとするのね。コレだからガキは・・・

おっ、まだ来週もつづくのか。いいかげんアレッシアとミーナ探しに行こうぜ。
てか、ミーナどうなっちゃたのだろう。詐欺師一座でエロいダンスとかやらされていないだろうな。
あんまりダラダラした展開がつづくと視聴率に響いて「ラッシー」みたいにならきゃイイけど。ま、アレッシアとかは切り札だからまだ再登場するのは早いワナ。

2008年6月9日リアルでギリシアペロポネソス地方で地震があったらしいけど。ポルフィみたいな境遇の少年がいなけりゃイイけど。
posted by ポコニャン at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 第21話〜30話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

第7話「ポルフィの欲しいもの」

pol_7.jpg朝っぱらからポルフィはアレッシアにお熱のようです。手紙まで届いちゃうからホンキにしてるじゃありませんか。
一方で整備工場は、パタゴス大ステーション(笑)なんて看板掲げているからガソリンスタンドと勘違いした客が立ち寄る始末。なんとかせねばと・・・
家族でヤニーナの町へ映画を見に行くことに、クリストフォールはなにやら銀行に用があるとのこと。
おおっ!なんと掟破りの実写まんまの映画ですか、それも延々4分間も。いくら著作権が切れている映画とは言え、調子に乗りすぎですわwアニメの制作現場て結構時間追われているらしいから、スタッフがその気になれば著作権切れた映画を最初から最後までやるもの有りか?
ま、この時代オイラならボブ・ホープ主演の「腰抜け二挺拳銃」を観に行くけどなw(誰も知らんか)
この件の突っ込みはコレくらいにして。

ミーナは映画「パリの花束」にすっかりはまったらしい。その後レストランで家族そろって外食。案外名劇ではこんな場面てなかったな。
ガソリンスタンドに立ち寄る。給油機に「TEXACO」て、アメ資本か。
ポルフィはガソリンスタンド経営にあこがれた様子。結構キツイ仕事だぞ。
クリストフォールは給油機を設置しようと思ったが、銀行から融資を断られたらしい。まぁ銀行なんてそんなモンですわ。んで、オカンの実家は大金持ちだからそこから借りろ、てポルフィ、大人の事情に首突っ込むなよ。
なにやに釈然としない表情のポルフィ、何かやらかしはしないかと・・・つづく
posted by ポコニャン at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 第1話〜10話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

第22話「線路はつづくよ」

pol_22.jpg鉄道描写にはずいぶん気を遣っているな。なんか鉄ヲタに過剰に配慮してますな。たぶんスタッフに鉄ヲタがいるだろなw別にイイんだけどネ。
電車に乗ろうとすると赤毛のアン+ルーシーメイ÷2みたいなデイジーて子が出来ましたよ。またまたポルフィのモテモテオーラ全開ですな。もうデイジーはすっかりポルフィの虜wこれだけのモテモテキャラは名劇ではロミオ以来でしょうか。運もイイし。ロミオ並のモテモテオーラ+カトリ並の強運、名劇史上最強キャラじゃね、ポルフィて。
イオニア海沿岸を列車は走る。て、ことはやっぱり北には向かってない。オイオイ、やっぱり鉄道紀行を楽しんでますなwて、オイラみたいなのに突っ込まれたら困るのか、夢の世界でミーナを思い出すシーンを入れて一応予防線張ってますなw
デイジーと一緒に停車駅で聞き込み調査、あのエロい女はロマ人(ジプシーて表現は使わんワナ)らしい。ホンマか?
この停車駅でポルフィはマクシミリアンを仲間にした(職業ストリートミュージシャン兼学生)一時的に3人パーティだヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!
んで、デイジーとは意外とあっさり別れる。ホントにチョイで終わりか?デイジーが「また会える」みたいな意味深なこと言ってるから再登場の可能性大。
カウロニア駅に到着、詳細な地図で確認したら思いっきり南だよなwwどこ行ってんだ?重要アイテムのコンパス見ろよw
マクシミリアン(めんどくせー名前)と恋人のイラーリアとクルマでイラーリアの実家へ向かう。途中大きな屋敷の前を通るが、なんか窓に幽霊みたいな女がいるぞwさぁ、その謎はまた来週。


なんか、来週もややこしいワケありな話になりそうだな。屋敷の女・表情が曇るふたり・ひび割れた人形・親友ザイミス・・・(○ ̄ 〜  ̄○;)ウーン・・・
点と点をひとつにつなげることができるか?名探偵ポルフィ。
イラーリアと屋敷の女はワケありで疎遠な関係に、そこをポルフィがまるでポリアンナみたいに強引に仲直りさせる。そこへなぜかデイジーも乱入。事件解決後に重要な情報とアイテムゲット。そんなドラクエみたいな展開キボン。

最近前編後編2話構成のパターンばかりだな。

旅モノのせいか登場キャラ多いな。特におっさんキャラの描写がウマイと思うが。
posted by ポコニャン at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 第21話〜30話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

第6話「イタリアから来た少女」

pol_6.jpg朝からポルフィは整備工場で働く気満々。一方でアネークが作ったパイがパタゴス大ステーション(笑)にて思いのほか好評。それに気をよくしたミーナ、早速仕入れですか。兄貴だけしゃなくミーナも案外お調子者かモナ。
帰途トラックが立ち往生、そのトラックにはイタリアから来た期待のOPの少女アレッシアが乗っていた。そのいでたちからポルフィに男に見間違えられムカついたのか、颯爽と帽子をとり「男に見える?」と不敵に言い返す。イイね!!この台詞にしびれたo(>▽<)oいわゆるひとつのツンデレですか。んで、パタゴス大ステーション(笑)の件についてやっぱり突っ込まれるw(なにげにギリシア文字読めるのがスゲー)
仕事の足手まといになるとかで、アレッシアはしばらくパタゴス家に預けられる。山羊のミルクには露骨に不味そうな反応、それがまたイイね。
アレッシアに村を案内する。コリーナに喧嘩を売るところがまたイイね。 「人形と同じようにアタマも空っぽ」この台詞にもしびれたo(>▽<)o
村の教会に行く。アレッシア曰くイタリアの教会とは違うらしい、ギリシア正教の教会は丸いドーム型、イタリアのカトリックの教会はトンガリ屋根。ポルフィはアレッシアの亡き母のために天まで届けとばかりに鐘を鳴らしまくる。端から見ればただの悪ガキなんですが、気持ちはうれしいワナ。コレのおかげでアレッシアから別れのキスをゲット。コリャしばらく恋のお熱にうなされそうだなwま、どーせイタリアあたりで再会するんでしょうけどネ。
posted by ポコニャン at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 第1話〜10話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

第21話「ドーラとの別れ」

pol_21.jpgやっぱりヘンなヤツだな。ドーラて人は、ポルフィに異常に優しいと思えば、ときより山姥のような表情にもなる。どーもポルフィにただならぬ好意を抱いているようだが、正直ここまでやられると、どん引きである。んで、リュックも無くなっているワケだ。
ま、犯人はドーラなワケだが、ポルフィはまさかドーラが犯人とは思わず必死でサッシの町を探し回る。途中チロとチロの元町長の祖父ガスパロの助けも借りる。結局リュックはガスパロの知人が教会で見つけたくれたけど、犯人がドーラと分かるとポルフィは逆ギレ。おいっ!礼くらい言えよ。
まぁ、名劇ファンなら前話からだいたいの展開は読めるのだが、ドーラはポルフィに亡き息子アントニーノを重ねてみていたワケ。ホントこういう話多いな、オイラの記憶だけでも「ペリーヌ」(第6話)と「ルーシー」(第42話)にも似たような話があったな。ベタな話だけど。壁に書かれた落書きが泣かせるねぇ。・゚・(ノД`)・゚・。 
ポルフィが再び旅立つと言うと、ドーラは「出て行け!」とキレてグラスを投げつける。家を出ているポルフィ、スッキリしないのか再び戻りドーラに身の上話と酒を飲むな、と言う。なんかポルフィも大人になったなぁ〜( ==)旦~~ シミジミ...

ガスパロが言った「人はいつか旅立つときが来る」て言葉にポルフィが真剣にうなずいていたのが印象的だな。

で、次回「線路はつづくよ」ですか。また贅沢な電車に乗るんだなw
「ポルフィの欧州鉄道紀行」お楽しみにw
posted by ポコニャン at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 第21話〜30話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

第5話「ぼくたちのステーション」

pol_5.jpgポルフィは学校さぼって整備工場建設の手伝い、勉強より仕事のほうがお好きなようで、この点はオイラと同じだなwまぁ仕事熱心でイイんですけど、嘘はイカンね。んで、ザイミスにまで嘘をつかせる始末。嘘つきはドロボーのはじまりですな。100歩譲って自分で嘘を言うのは許せても、我が身の保身のために人に嘘をつかせるのはサイテーですな。この件でポルフィとザイミスの関係は険悪になるのだが(全面的にポルフィが悪い)。
そんなこんながありながらも整備工場の工事は着々と進んでいく。そんな夜、ポルフィとミーナは寝静まっている頃、クリストフォールとアネークはステーションの完成をささやかにワインで祝っていた。ホント幸せそうだな。きっとそのあとはムフフフフッ(;´Д`)ハァハァ(妄想)
仲直りのきっかけを探そうとしていたザイミスは整備工場の看板を作ろうとポルフィに提案する、と言うより無理矢理引き込む。ま、お調子モノのポルフィだからコレですぐ仲直りとなるワケだ。
出来上がった看板には「パタゴス大ステーション」(笑)・・・大ステーションて名乗るくらいならオートバックスくらいの品揃えは必要だなw

んで、結局嘘をついていたことをとーちゃんに告白する。いつもやさしいクリストフォールが珍しく厳しい表情でポルフィを叱る。ま、キレるワケじゃないけど。トム・ソーヤーのポリーおばさんなら間違いなく鞭打ちの刑だったな。このくらいの年のガキにとっては親に嘘をつくのってかなりの罪だし、たとえ絶対バレないと分かっていても罪悪感が残るんだよな。世界名作劇場らしいイイ話だな。

看板の文字よく分からんな(´・ω・`)ギリシア文字なんぞプラネテス(ΠΛΑΝΗΤΕΣ)以来ですから。
ΠΑΤΑΓΟΣ=PATAGOS=パタゴスだよな?

【注】1話〜10話がまだ投稿できていないので、ぼちぼち追加していく予定です。
posted by ポコニャン at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 第1話〜10話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

第4話「ミーナの誕生日」

pol_4.jpgめずらしく早起きするポルフィ、何かと思いきや木彫りを始めた。ミーナへの誕生プレゼントを作っているらしい。きょうはミーナの11歳の誕生日。でもミーナの前では知らないフリ、偏屈で素直じゃないところがガキっぽくてイイね。
とーちゃんと一緒に村長さんのクルマを修理にいくことに。ただで直す代わりにクルマを借りるとは、イイ交換条件だワナ。そこにあいかわらずかわいげのないコリーナ嬢現る。例のパリのおばさんから貰った人形持ってるな。あ、コレも伏線か?いずれポルフィもパリに行くもんな(たぶんw)
一家でドライブに、のどかで幸せそうだな〜。古代ギリシアの遺跡に来る。劇場跡でミーナはすっかりその気になって歌い出す。歌はギリシア語?なんだな。歌手志望らしい。だったらまずサインの練習だなw
ポルフィはミーナにアポロを象った木彫りのペンダントをプレゼントする。朝から突貫で作った割にはなかなかの出来。でも、ルシエンに比べたらまだまだ修行が足りんな。スイスに行くことがあったらルシエン宅を訪ねるとよい、嫁のアンネットにぶっ壊されるかもしれんがw

んで、いよいよ自動車整備工場を建てることに。誕生記念にキョウチクトウの苗木も植える。オイラ、20話までみてコレ書いているけど、もう伏線ありすぎ。
posted by ポコニャン at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 第1話〜10話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。