2008年05月20日

第20話「洞窟の町」

untitled.bmpブリンディジの町を発つポルフィ。予告では鉄道の旅ていってたけど、オイラてっきりオンボロ蒸気機関車と思っていたら電車ですぜ!しかも最新式。オイラの棲んでいるド田舎徳島には未だに電車が走っていないというのに、ポルフィは電車に乗れるんですぜ、悔し〜い。最新型電車に感激するポルフィ、ついに鉄ヲタに目覚めたか!
車窓からタラントの製鉄所が見えるあたりは芸が細かいな。制作スタッフのロケの成果ですかな、それとも地理のお勉強でもしたのでしょうか?地理ヲタ意外にはどーでもいいワナ。
北に向かうはずが西に向かっていることに気づいたポルフィ、だからって、テキトー降りることねーだろ。相変わらず無計画なヤツだな。プロミスとかでカネ借りるなよw
んなワケで、予告にあった洞窟の町があるマテーラに来てしまう。wikiによれば洞窟の町の住民は貧乏くさい、て理由で政府によって強制退去させられたらしい。んで、廃墟のはずだが・・・
なんでかポルフィはその町に足を踏み入れる。迷宮のような町、案の定、道に迷う。不安と焦りを感じるなか、日が暮れたので勝手にある家に入り込む。そこにミノタウロスだか山姥だか、ドーラというばあさんが現れる。まぁ「ラピュタ」のドーラと「未来少年コナン」のジムシィを足して二で割ったようなばあさんだな。なんかヤバそうな展開になるとイイひとが現れるな。もっとも今回はちょっと怪しそうだけど。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ /  \ /  \ /  \
と不気味に笑ってみたりと。いかにも家の奥で包丁研いでいそうだなw

これからの展開としては、たぶんイタリア半島を北上するのでしょうな。ナポリ→ローマ→バチカン→サンマリノ→ジェノバ→ミラノとか。個人的には「母を訪ねて三千里」のジェノバと「ロミオ」のミラノは外してほしくないな。原作読んでないから知らんけど(今読んじゃうと楽しみがなくなるもんで)
なんか「ポルフィの世界遺産めぐり」になりそうだなwしばらくこんな展開が続くのか?
posted by ポコニャン at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 第11話〜20話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。