2008年04月29日

第1話「父さんからの手紙」

名劇初のギリシアが舞台の作品。シミトラ村はどーもかなりのド田舎らしく、1950年代にも関わらず他の名劇作品と変わらんくらい昔に感じるな。違うところはクルマが走っていることろかな。
んで、主人公のポルフィてヤツはかなりの車ヲタ、大抵のクルマの車種を言い当てる。まるで小坊の頃のオイラみたいだなw今はクルマ興味ねーけど。
するとそこへ米軍のジープがくる。そりゃもう車ヲタの血が騒ぐわ。米軍のバーンズ大尉からチョコレートを貰う。ホント、アメ公てどこに行っても同じことやってんだなw昭和12年生まれのオイラの父親が子供頃初めて覚えた英語が「ギブ・ミー・チョコレート」だったそうな。と、その間に世話を任せられていた山羊を見失ってしまう。が、友人のザイミスの母が見つけてくれていた。このザイミスママがダミ声で典型的なジャイアンのオカン系。
あっ、そうそうこの話の本題、アテネの自動車修理工場で働いている父からの手紙。ま、フツーにほのぼのとした内容。まぁ、第1話から急展開にはならんワナ。

第1話で一番印象に残ったのは、母アネークが山羊を呼ぶときの「ほーーーーーーっ」「ほーーーーーーっ」ですなw  今度山羊を見つけたらオイラの言ってみようw

【注】1話〜10話がまだ投稿できていないので、ぼちぼち追加していく予定です。
posted by ポコニャン at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 第1話〜10話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95126158

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。