2008年04月22日

第16話「海の向こうへ」

パトラの港町に迷い込んだミーナ。それを追うポルフィ、元気のない花屋の娘から手がかりをつかむ。なんだかこの話で急展開て感じです
その頃町の酒場ではちょっとエロいイザベラさんがミーナと遭遇。なんか運命的モノ感じる。ま、ここまでくるとチョイ役ではないことは明らかだ。
ミーナはフェリー乗り場へ、ナウシカの大ババ様みたいなばあさんに会うが小銭を恵んだだけでスルー。母に似た女性のところへ走るが当然人違い、そのまま無銭乗船に。船は出航してしまう。出港シーンがドラクエ並みのCGなんでちょっと萎えてしまうが・・・
船上で映画の世界に妄想するミーナ、そんなところへ再びエロいイザベラさん登場。コレはちょっと恥ずかしい。この後ちょっと身の上話、イザベラはミーナに死んだ自分の娘の面影を重ね合わせていた。ちなみに父と旦那はイカサマトランプで金儲け(゚Д゚)ゴルァ!いつか罰が当たるなw
なんか成り行きで旅芸人一座の仲間入り。おい、アニキのことどーでもいいのかよ?忘れんじゃねーよ!

今回ポルフィは・・・必死でミーナを探しているが、完全に脇役状態(´・ω・) カワイソス
んで、今回の主役はエロい(←しつこい)イザベラさん・・・いや、ミーナでしょう。

ちなみに今回渡った海はギリシアとイタリア半島の間にあるイオニア海。

追記
イザベラさんの声て、ペリーヌ・ブルマの人かw(゚o゚)w オオー!
posted by ポコニャン at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 第11話〜20話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。