2008年12月02日

第47話「新しい扉」

pol_47.jpg

おっっ!いきなりローズさんのシャワーシーン。スタッフ相変わらずだなw
ポルフィはローズとパリ市内観光・・・じゃなくてミーナを探すための計画を練る。

一方、ミーナはティファニーの元で生活することに。旅の詐欺師団から一気にセレブの仲間入り。もちろんメイド付き、だんだん名劇らしくなってきた。
んで、ティファニーからイザベラとの別れを今頃になって告げられる。女優になって映画に出て有名人になればポルフィにも気づいてもらえる作戦らしい。兄を捜すことと女優への夢と一石二鳥だな。て、ミーナはそこまで割り切って考えてねーか?
ま、なんだかんだでミーナ、もうすっかりその気になってるw

映画の撮影が始まる。ミーナがパツキンになってるw
大勢のスタッフとギャラリー、その中でも上手く演じたみたい。結構根性座ってる、将来大物になるなコリャ。

そこへポルフィがやってくる。おおっ、ニアミス。ポルフィの前をミーナが乗った車が通り過ぎるも、クルマヲタは車種に気づいてもミーナには気づかず。まぁ、まさかそこにいるとは思うまい。

撮影現場にいた花売りの女、パトラの港町に居た花売りの女に似てね?

名劇シリーズて、終盤で上流階級に出世するパターンが多いな。「ペリーヌ」とか「トムソーヤーの冒険(ハック)」とか「セーラ(元に戻ったと言うべき)」とか「家なき子レミ」とか。
posted by ポコニャン at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 第41話〜52話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。