2008年10月17日

第41話「南フランスの家族」

pol_41.jpgついに来ました!おフランスざんす。しかも密入国ですぜ。立ち小便中のサミュエルに見つかる。来い!て言うから警察に突き出すと思いきや、面倒を見てくれることに。案外イイヤツだな。サミュエルの家庭はしっかり者の長女のセシルと幼い息子2人でボロアパート住まい。妻は若くして亡くなったそうな。んなワケで家庭内のことはセシルがやりくりしているらしい。
見りゃ誰でも分かるほどのビンボー生活。そんな中でも幼い弟の陽気さが唯一の救いか。ポルフィは顔に落書きされる始末w

セシルが上着脱いで、と言ってうれしそうな素振りを見せたときは、オイラ変な妄想してしまいましたよw
ミーナの話しから映画・女優さんの話しになる。セシルも女優さんに憧れているらしい。まぁ、このくらいの年頃のお嬢さんなら誰でもかもしれんけど、セシルの場合ビンボー生活の現実のためか、その夢をあきらめている様子。おしいな。ま、女優さんて案外貧困層出身者が多いから諦めるなて。そんなセシルに「女優だってはじめは普通の女の子だろ」て、当たり前のことをいう。どーもセシルはその当たり前のことに気づいていない様子だからな。

と言うワケで、今回もモテモテのポルフィ。
セシル「ゆっくりしていってね」コレはオイラの経験から言えば確実にOKサインだぞw
こういう健気で磨けば光る宝石の原石のような娘を嫁にするとイイぞポルフィ。

しかし出された食事に愕然。この家がハンパでないほどのビンボーだということを思い知ることになる。このままやっかいになるのは悪いと思い、ポルフィは足早に立とうとする。その後を追ってきたセシル。ポルフィの言葉で女優になる夢を語れるようになる( ;∀;)イイハナシダナー
セシル「ミーナを見つけたら、また一緒に来てね」て、またまたモテモテ。

この後ポルフィはとある湖の畔にやってくる。またまた男女の立ち話に出くわし、結婚詐欺師を見破る。なんかコリャさすがに唐突過ぎるわw
そんなこんなで金持ちそうなポッチャリしたマチルドさんに船の乗せてもらえる。
マチルド「ぼうやは誰か好きになったことある?」
言葉に詰まるポルフィだが、アレッシアがいるだろ。そういやまだ出てこんな。
対岸の町に着く。なんかどっかで見たことのある町だな。エンディングの写真の町か、アレはフランスだったんだな。

それにしてもセシル、一話限りのチョイ役にはもったいないですな。残り話数少ないけど再登場を来たいしたい。再登場と言えばアレッシアもな。 
posted by ポコニャン at 23:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 第41話〜52話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

試写室にてwww
Excerpt: お互い家でするのは嫌だし、ホテルってベタだし・・・試写室でヤってきたww スリルあるし密室感あるし普通よりスンゲー興奮したwwwwww 女もスゲエ濡れ濡れで何回もイってたしw おかげで10マソも貰えた..
Weblog: 暴走
Tracked: 2008-10-24 21:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。