2008年09月30日

第38話「風に散る」

pol_38.jpgえっ!もうフランス国境なんか。マルコのジェノバも、ロミオのミラノも素通りかい。ジェノバに立ち寄った際にマルコ・ロッシに会う話しを妄想してたんだが。さすがにここまでファンサービスはしねーか。
今回はまたまたポルフィとミーナがニアミスの話し。

蚤の市に繰り出すポルフィ。出会い頭にまたおっぱいに顔埋めているwんで、このエミリアさんがまたイイ人のようだが、今度は彼氏持ちだぞポルフィ(´・ω・`)
金欠のポルフィ、エミリアさんの店で店番バイトをすることに。そういや、ポルフィて、無計画だから金遣いもテキトーなんだろうな。
そんな蚤の市で形見のミーナの懐中時計をみつける。ポルフィは取り返そうとするが、おっさんがぶち切れてミーナの写真を破り捨ててしまう。ま、感情が高ぶっていたとは言え、ポルフィのあの対応じゃまずいよな。
ミーナの懐中時計をカルロスが勝手に売ったらしい。相変わらずどーしようもない男だな。

結局この町で得たモノは、ミーナが確かにこの町を訪れたことと、フランスへ向かったであろうと言うこと、それとバイト代。
それにしても重要アイテムの写真と懐中時計を同時に失ったのは痛いな(ノ∀`)
今後の旅はさらなる悲壮感を伴うモノになるのかな?オープニングを見ると雪が降る町を歩く場面があるから、フランスに行った頃にはもう冬だろうな。
posted by ポコニャン at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 第31話〜40話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。