2008年09月11日

第35話「信じるこころ」

pol_35.jpg激しい雷雨の中も旅を続け、ついに病気になったポルフィ。なんか「ペリーヌ」にもこういうのあったな。ポルフィには悪いけどだんだん名劇らしくなってきた。よし、後半はこの路線でいこうw
巡回ライダー神父のジュリアーニさんに助けられ、修道院で療養する。

快復したポルフィはジュリアーニさんのサイドカーに乗り元気を取り戻す。クルマヲタにはコレが一番効くんだな〜w

修道院長に懺悔しろと言われたポルフィは逆ギレ。そりゃなんも悪いことしてないのに悲劇に見舞われたモンな。気持ちは分かる。それにしてもジュリアーニさんら聖職者は、ポルフィの厳しい突っ込みにも落ち着いて答えるな。コレはすばらしい。
神様の試練とか思し召しとか、アレだ、「アンネット」を思い出した。

詐欺師一座のカルロスてホントにサイテーだな。イザベラさんのパンチの場面見たかったなぁ〜。

ライダー神父はカッコイイでごさるの巻でしたw
posted by ポコニャン at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 第31話〜40話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。