2008年08月23日

第33話「傷だらけの少年たち」

pol_33.jpg裏切られるわ、不良少年の主犯格扱いされるわ、踏んだり蹴ったりの展開だったな。しかも濡れ衣を着せられたまま、てところが更に痛い。コレには世直しポルフィ様もタジタジだなw

イザベラの言った「裏切り」てコレのことだったのか。占い的中!まぁ人生いろいろ、裏切りの一つや二つあるワケだから占いなんてテキトー言ってりゃ当たるワケだが(オイラは占いなんぞ信じないので)。 
それにしてもポルフィて、ド田舎のシミトラ村で育ったせいか、相当なお人好しだな。まぁ、あの村にはグイードみたいな悪ガキは居なかったのだろう。この件で悪ガキに対する耐性が付いたのだから、またひとつ大人になったワケだな。ドラクエで言えばひとつレベルが上がったようなモンだなw
もっともこの悪ガキ連中もポルフィと同じ親無しなワケだから、ポルフィがグレずに真っ直ぐ生きていることがむしろ奇跡的かモナ。

ジョルジュが「おまえみたいなヤツのいる場所じゃない」て言ったのは警告だったのね。確かにお人好しのポルフィには場違いな感じはする。ポルフィ自身も違和感を感じていたのに、おしい。しかしそれまでのグイードの接し方を見てりゃ、この展開はポルフィにもオイラにも読めんワナ。むしろジョルジュこそがやなヤツに感じられるワナ。でもちょっとだけ正義の味方ぽい雰囲気があるんだけどネ。

アイス売ってる女の人がパトラの花屋の娘に似てるw

ポルフィの紫のジャンパー姿似合ってネェェェ。

「信じた相手に裏切られたでごさるの巻」でしたw
posted by ポコニャン at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 第31話〜40話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。