2008年12月13日

第49話「ランデブー」

pol_49.jpg
またシャワーシーンか、ホントここのスタッフ好きだね。イイんだけど。

今日はローズさんとデートらしい。基本からのレッスンだそうな。なるほど勉強になりそうだ。メモの用意をw
カネは男が払う。レディを車道側に歩かしては駄目。食事は「あ〜〜ん」すること。アクセサリは買ってやって付けてやる。昔の恋人にあったら喧嘩を売る。んで、別れのキスね。このまま勢いでホテル・・・んなことないかw
おお、イイ勉強になった。けどもう実践する機会がない。20年早く見てりゃよかったwww

一方でミーナはメイドのナタリーと一緒にパリの町へ繰り出す。なんかこっちも打ち解け合って、抱き合っていい雰囲気。
ナタリーて結構カワイイけど。エロさではローズさん。ティファニーはセレブと言うだけで正直イマイチだなw

名劇初の地下鉄登場。駅を出たローズは街角でティファニーと会う。まぁ不機嫌だわな。連絡先を書いたメモを手渡される。コレで接点が出来たな。
ポルフィは逃げ出したノエルを追って町に出る。そこでみたのはミーナが出演している映画のポスターだった。つか、あの絵でミーナて解るか?映画のポスターの絵てイマイチ出来が悪いからフツー解らんぞ。

ローズて南フランス出身か、おっっ、セシルと同じ村かもしれんな。

あと残り3話。展開がイマイチもたもたしてるな。次回は「うそ」って。嘘こいているひまないぞ。ホントに上手くまとめられるのか?

このまま来年「ポルフィの長い旅シーズン2」でもやる気か?やってもイイんだけどネ。
せっかくだから「ポルフィ2」の展開を大予想。
念願のガソリンスタンド経営を始めるポルフィ。石油調達のため油田開発の旅に出る。物語の舞台は欧州から中東、アフリカ、中南米へと世界へと広がる。
ユダヤ資本、CIA、テロ組織の陰謀渦巻く激動の世界。孤高の男ポルフィを彩る世界の美女たち。口説きのテクニックはさらに磨きがかかる。落合信彦の武勇伝を彷彿とさせるサスペンススペクタクルストーリー。乞うご期待。
posted by ポコニャン at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 第41話〜52話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。