2008年10月09日

第40話「国境を目指して」

pol_40.jpgフランス国境へと向かう道中、勝手に空き屋で休憩する。最近この手口多いな。
そこへ金正男風の男ミケーレが現れる。コレがとんでもないヤツで自称芸術家だが、実はただのニート。古今東西問わずニートてホントろくなのがいないなwコリャなんだ、イイ年こいて世界名作劇場なんぞ見ているキモヲタニート視聴者を暗に批判しているのか?
ミケーレのあまりの放言にオカンぶち切れ、ミケーレも逆ギレ、それを聞いたポルフィもぶち切れ。逆ギレまではよくある話しだが、第三者まで切れるて場面はなかなか無いなw
ここで前半終了。

道中今度は親切そうなおっさんに出会う。クルマに乗せてくれるらしいのでついて行くが、なんだかぁゃιぃ。得意のクルマヲタ自慢の知識で嵌め辛くも逃れる。不審者を見分ける術は長旅で板に付いたんだな。お人好しのポルフィもローマ編以降すっかり変わったな。

お次は道路に倒木を置きクルマを止めて密入国手段を思いつく。このへんのノウハウはあの釘ばらまき事件からかなw ギリシア−イタリア間とは違って今度は名劇特権無しですか。大変だねポルフィ。荷台の荷物に紛れてフランスへ越境するが、サミュエルに捕まる。絶体絶命のポルフィ、そんなことよりフランス語知ってるかw
posted by ポコニャン at 23:50| Comment(0) | TrackBack(2) | 第31話〜40話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。