2009年01月10日

第52話「この瞬間のために」

pol_52.jpg
更新遅れました。あけましておめでとうございます。

パリの町に雪が降る。ホワイトクリスマスらしい。もうコレで展開は十分予想できます。
おっっ!最終回はいきなりローズさんトイレシーンかと思ったw

ポルフィが持ってたナットを指輪するローズ。もうマジっすか?
ポルフィにプレゼントしたいって、もうミーナてバレバレだよね。ティファニーと段取りをとるらしい。ローズ本気でポルフィに惚れてるな。

ザイミスが偶然を装ってナタリーにナンパ(←嘘)。一目惚れしたようす。まぁ解るけどね。
ポルフィとザイミスが語らい、故郷での生活と旅を振り返る。なんか最終回らしいな。ザイミスも震災のこと蒸し返すなよ。

んで、ローズたちはプレゼントの最高の舞台として、ポルフィたちを劇場へ連れてくる。

今までに世話になった人たちを思い出すポルフィ。アンゲロプロス・マリカ・レオン・マリオ・・・・セシル・アレッシア・・・クサロプーロスはやっぱりねーよなw

ポルフィとミーナが再会する場面はホント感動的です。コレには文句無いです。

めでたしめでたし.☆.+:^ヽ(∇^*)o【♪祝♪】o(*^∇)ノ^;+.☆.

ん!?コレで終わりかい?今後の展開は視聴者の想像に任せます、てか?
夢オチよりはマシだけど・・・
言いたいことが腐るほどあるので、ポルフィの総評として後日まとめたいと思います。
posted by ポコニャン at 00:07| Comment(62) | TrackBack(0) | 第41話〜52話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

第51話「願い」

pol_51.jpg

作文コンクールの賞品で外国旅行だと?んで、パリに来て偶然ポルフィと再会?さすがにご都合主義もここまで来たらあかんわ。ネット界きってのポルフィ擁護派(自称)のオイラ?でもさすがにコレにはあきれるわ。

ヒモの分際で当たり前のようにザイミスをローズの部屋へ連れ込むなよw

ま、ザイミスはミーナと確信しているワケなので、再度映画会社まで行くことに。今度は要領よく潜入調査。
「動くな!」って、カリ城のパクリかwww
運良くアメリさんからミーナの件について聞き出す。

なんで嘘をついたのかと、ローズを問い詰める。ポルフィと離れたくなかったと、号泣するローズ。ま、ここまで惚れられたら男としては本望だな。そろそろ男として腹をくくれよポルフィ。て、そんな話しぢゃないだろwww

ホンマに来週最終回なのか?今までの伏線とか、パリ編での展開を1話でまとめるのは物理的に無理じゃないか?
パリ編自体はそんなに悪くないのですが、個人的には、あと5話くらいかけて「ペリーヌ」みたいに、まったりまとめて欲しかった。(まだ最終話終わってないけど)
まさか兄妹の再会がクリスマスプレゼントとか抜かすなよw
正直、最終回はオイラが満足出来るモノにはなりそうにもないな。

そういや次回の予告では最終回とは言ってないし、このまま「ポルフィの長い旅、シーズン2」でもやれよもう┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・
posted by ポコニャン at 23:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 第41話〜52話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

第50話「うそ」

pol_50.jpg

映画にミーナが出ていると、ローズに知らせる。しかし、めずらしくローズは後ろ向きな反応をする。まぁティファニーが出てるワケだからかんに障るよな。ポルフィはひとりでも映画を見ると強く懇願する。で、誰がカネ払うんだ?
映画を見たポルフィはやはりミーナだと確信する。

映画会社へ向かうポルフィ。フツーに地下鉄乗ってるけど、たぶんローズさんから小遣い貰ってるんだろうな。んで、映画会社へ正面突破を試みるも当然のことながら守衛に門前払いにされる。相変わらず要領が悪いな、今までの長い旅でなんも学習しとらんw

一方ミーナには、映画の観客から早速ファンレターが届く。しかしポルフィからもモノじゃないことで喜べない。ナタリーはそんなミーナにガッカリした様子。女優だって客商売、ファンを大事にしにゃならんワナ。映画に出ることはスゲーことだからな、オイラはエキストラで某映画に出たのが精一杯。もっと喜べよ、まぁ、そんな余裕ないのだろうけど。
ま、結局現状に感謝してるってことで、コレは一件落着となったワケだが。アニキと再会したあとはホントにどーするんだろう。

ローズはポルフィにミーナを見つけたらギリシアに帰るとの言葉にショックを受ける。そんなに惚れてんのかw
友人(映画会社のメガネのアメリさん)にミーナのことを聞いてくれることに。カフェでアメリから映画に出てた少女がミーナだと言うことを確認する。
んで、ポルフィに惚れているローズは「ミーナじゃなかった」と嘘をつく。「おでこの傷も無かったでしょ」て。なるほど、額に傷がないならミーナじゃないな、納得。
んなワケねーよ。なんで傷のこと知ってるんじゃ〜、と突っ込めばイイのにw

ポルフィが落ち込んだ表情で町を歩いていると、道を尋ねられる。
ザイミスキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !! おっっ、想定外の再登場。ギリシアに帰ってからの再登場と思ってたのでちょっと意外な展開。

次回はザイミスの知恵を借りてミーナ探しか。ポルフィのバカのような行動力と、ザイミスの思慮深さが合わされば、それなりにチカラを発揮できるだろう。なかなか楽しみな展開。しかしあと2話て・・・・中盤での消化試合のような無駄話を終盤に使えなかったのだろうか (´・ω・`)ショボーン
posted by ポコニャン at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 第41話〜52話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

第49話「ランデブー」

pol_49.jpg
またシャワーシーンか、ホントここのスタッフ好きだね。イイんだけど。

今日はローズさんとデートらしい。基本からのレッスンだそうな。なるほど勉強になりそうだ。メモの用意をw
カネは男が払う。レディを車道側に歩かしては駄目。食事は「あ〜〜ん」すること。アクセサリは買ってやって付けてやる。昔の恋人にあったら喧嘩を売る。んで、別れのキスね。このまま勢いでホテル・・・んなことないかw
おお、イイ勉強になった。けどもう実践する機会がない。20年早く見てりゃよかったwww

一方でミーナはメイドのナタリーと一緒にパリの町へ繰り出す。なんかこっちも打ち解け合って、抱き合っていい雰囲気。
ナタリーて結構カワイイけど。エロさではローズさん。ティファニーはセレブと言うだけで正直イマイチだなw

名劇初の地下鉄登場。駅を出たローズは街角でティファニーと会う。まぁ不機嫌だわな。連絡先を書いたメモを手渡される。コレで接点が出来たな。
ポルフィは逃げ出したノエルを追って町に出る。そこでみたのはミーナが出演している映画のポスターだった。つか、あの絵でミーナて解るか?映画のポスターの絵てイマイチ出来が悪いからフツー解らんぞ。

ローズて南フランス出身か、おっっ、セシルと同じ村かもしれんな。

あと残り3話。展開がイマイチもたもたしてるな。次回は「うそ」って。嘘こいているひまないぞ。ホントに上手くまとめられるのか?

このまま来年「ポルフィの長い旅シーズン2」でもやる気か?やってもイイんだけどネ。
せっかくだから「ポルフィ2」の展開を大予想。
念願のガソリンスタンド経営を始めるポルフィ。石油調達のため油田開発の旅に出る。物語の舞台は欧州から中東、アフリカ、中南米へと世界へと広がる。
ユダヤ資本、CIA、テロ組織の陰謀渦巻く激動の世界。孤高の男ポルフィを彩る世界の美女たち。口説きのテクニックはさらに磨きがかかる。落合信彦の武勇伝を彷彿とさせるサスペンススペクタクルストーリー。乞うご期待。
posted by ポコニャン at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 第41話〜52話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

第48話「夢のかけら」

pol_48.jpg

クサロプーロスが売上不足の原因をポルフィのせいだとし、濡れ衣を着せられそうになる。誤解であることが判明するも、両親のことを悪く言われぶち切れるポルフィ。あわや流血傷害事件になるとかとワクワクいやハラハラしたが、さすがにそこまではいかんワナ。
この件でクサロプーロス亭を辞めてしまう。まぁ、コレはオイラでもぶち切れるなコリャ。

ローズさん家へ帰宅したポルフィは下着姿のローズさんの胸に泣き崩れる。
それにしても薄着とか下着姿とか多いよなwスタッフの趣味か?

一方でセレブ組のミーナとティファニーは撮影最終日に。熱演するティファニーを見て、ミーナも女優魂に火が付いたみたいだな。で、アニキのことは忘れたの?

ヒモ生活もすっかり板に付いた様子のポルフィ。することもないからローズさんの部屋の掃除をしている。そんなときまたも例の写真を見てしまう。んで、ティファニーについて聞くが、ローズは嫌悪感を露わにする。フツーはそこで止めるモンだが、ポルフィは持ち前のKY+無神経さをいかんなく発揮してしまう。コレがローズさんの逆鱗に触れてしまった。女のヒステリーの怖さを知らんかったようだなwまだまだ若いぞポルフィ。まぁオイラも過去には(以下自主規制)
つか、そんなモン見えるところに置くなよ、引き出しにでも隠しとけw

ま、さすがにアタマを冷やした後はポルフィのことが心配になり、迎えに行く。
帰途、ティファニーのことを初めて語るローズ、しかし彼女への憎悪をむき出しにする。恐ろしや〜((( ;゚Д゚))))ガクブル  女の敵はやっぱり女だなw

なんとなく今後の展開が読めるな。ミーナが映画に出ていることを知るポルフィ。そのことが兄妹のみならずローズとティファニーをも引き合わす。んで、ローズの彼女への憎しみが、実は誤解だったことが判明し和解。コレにて一件落着、めでたしめでたし。

次週は大人のデートか、ムフフフフフフっ
posted by ポコニャン at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 第41話〜52話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

第47話「新しい扉」

pol_47.jpg

おっっ!いきなりローズさんのシャワーシーン。スタッフ相変わらずだなw
ポルフィはローズとパリ市内観光・・・じゃなくてミーナを探すための計画を練る。

一方、ミーナはティファニーの元で生活することに。旅の詐欺師団から一気にセレブの仲間入り。もちろんメイド付き、だんだん名劇らしくなってきた。
んで、ティファニーからイザベラとの別れを今頃になって告げられる。女優になって映画に出て有名人になればポルフィにも気づいてもらえる作戦らしい。兄を捜すことと女優への夢と一石二鳥だな。て、ミーナはそこまで割り切って考えてねーか?
ま、なんだかんだでミーナ、もうすっかりその気になってるw

映画の撮影が始まる。ミーナがパツキンになってるw
大勢のスタッフとギャラリー、その中でも上手く演じたみたい。結構根性座ってる、将来大物になるなコリャ。

そこへポルフィがやってくる。おおっ、ニアミス。ポルフィの前をミーナが乗った車が通り過ぎるも、クルマヲタは車種に気づいてもミーナには気づかず。まぁ、まさかそこにいるとは思うまい。

撮影現場にいた花売りの女、パトラの港町に居た花売りの女に似てね?

名劇シリーズて、終盤で上流階級に出世するパターンが多いな。「ペリーヌ」とか「トムソーヤーの冒険(ハック)」とか「セーラ(元に戻ったと言うべき)」とか「家なき子レミ」とか。
posted by ポコニャン at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 第41話〜52話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

第46話「パリのめぐり逢い」

pol_46.jpg

ポルフィよ、「ローズ」ぢゃなくて「ローズさん」でしょ。年上の女を簡単に呼び捨てにすんなよw(オイラでもさん付け表記ににしてるぞ)

ローズさん飼い猫てこの時代にキャットフード喰ってるのか。贅沢だなw

職場のクサロプーロスてヤツも一々うるさいけど、水を無駄にするな、とか当たり前じゃん。まぁ、生ビール入れるのは案外むずかしいのだけど。

一方で相変わらず占いの手伝いをしているミーナ、記憶戻ったんじゃなかったけ?
と、そこへ女優のティファニー・オベールがスカウトにやってくる。
イザベラとなにやら話しがあるみたい。
と、その頃ホテルに戻ったミーナはカルロスにおそわれる。名劇史上初のまさかまさかのレイプ未遂事件。コリャまたトラウマになるぞ!んで、また記憶喪失、なんてことになったら物語振り出しだぞw

イザベラに連れられてティファニーのところへ来る。どーも内々の話しで、イザベラはミーナの将来を考えてティファニーに託すことを決断したらしい。ややあっさりとした別れだが見えないところで泣いていたのだろう・゚・(ノД`;)・゚・

イザベラが「私ももう一花咲かせてみせるから」。あのバカ亭主カルロスと離婚だなコリャ。

パリ編、展開はちょっと強引だけど、おもしろくなってきたな。けどもう46話。まとめられるのか?
ミーナは女優になるためにパリに残り、ポルフィはアレッシアとケコーンして結局兄妹そろってギリシアには帰らなかったりしてw
posted by ポコニャン at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第41話〜52話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

第45話「路地裏に咲く薔薇」

pol_45.jpg

空気読まずにあちらこちらでパリ市民を怒らすポルフィ。調子こいてギリシア料理屋にまで乱入。料理をぶちまけて皿を割って、ほとんど営業妨害じゃまいかw

結局弁償をかねてクサイプーオナラじゃなくてクサロプーロスさんの店で働くことになる。ま、皿割って料理を台無しにても、わずかとは言え給料貰えるんだからこの店て良心的だよな?まさかこのまま料理の鉄人を目指すんじゃあるまいなw

そんなとき来店したローズさんが他の酔っぱらい客とトラブって起こって店を出て行く。忘れ物の本を届けにポルフィは駆け寄るが、何気に「おねぇさんすごくキレイだね」と言って口説くあたりがポルフィらしいw 
さっそくローズさんが逆ナンしてきたwおまけに家にまで連れ込まれたぞ!出会ったその日から女の部屋に入れるなんて、男の人生で再々あることではない。コレはチャンスだ!

ローズさんは夜のお仕事へ。と、その部屋である写真を見つけるワケだが、それがローズと一緒に写るティファニー・オベール。
おっっ!第41話で登場したセシルあこがれの女優さん。コリャ、セシル再登場フラグですか?とりあえず期待するwww
posted by ポコニャン at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 第41話〜52話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

第44話「勇気をあげる」

pol_44.jpg

おっっ!いきなりアレッシア登場。トラックでパリへ向かっているらしい。

その頃、アポロを失って憔悴しきったポルフィはただパリを目指して歩いていた。冷え込んできてついに雪間で降り出した。名劇で悲惨な展開になるとよく雪が降るね。
そこへアレッシアの乗ったトラックがくる。轢き殺されたかと思いきや間一髪で停止。倒れたポルフィにアレッシアが怒鳴り込む。イイね、ドSってw

娘とポルフィが荷台で抱き合っていると思うと、そわそわしてしまう親父。
そんな親心などもつゆ知らず、アレッシアは大胆にもポルフィとチューーする。さすが年上。それにしても、あそこまでのディープキスするとは思わんかった。
ま、どーせ今どきのガキは名劇なんぞ見ないから見ないから、この演出もアリか?大人の名作劇場だなw

パリに着いたポルフィたち。エッフェル塔の下でアレッシアとふたり(親父はただそわそわw)このシチュエーションは間違いなく告白タイム。
しかし、ポルフィはアレッシアの熱烈ラブコールも振り払って一人でミーナを探し出すことを告げる。う〜〜〜ん、もったいない。ポルフィの鈍感さが歯がゆいw

今回、何が驚いたって、アレッシアがもう16歳てこと。ポルフィより3つも年上だったのか。なるほどませているワケだ。ホント、ポルフィって年上キラーだなw

なんか予告見たら、また大人の女が出てきたな。今度はパリジャンヌを口説き落とすのか?
posted by ポコニャン at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 第41話〜52話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

第43話「友よ」

pol_43.jpg序盤からなにやら陰鬱な雰囲気が漂ってるな。イザベラも占いで異変を感じ取っている。誰がどー考えても必ず悪いことが起きる。もうフラグ立ちまくり。コリャ100%悪いことが起きるな。こういうときはなぜか天気も悪い。

立ち寄った民家で重要情報ゲット。前半から展開が慌ただしい。いろんな人に聞き込み調査。確実に追い詰めている(ジャベールかw)
ミーナに後ろ姿似た少女とその家族から、かなりハッキリとした手がかりをつかんだ様子。ジャンゴとかイザベラとかミーナ拉致実行犯の具体的な名前も出てきたからな。どうやらパリへ向かっているらしい、後一歩だ。

おっっ!久々のイザベラのエロいダンス、しかも16話の使い回しw
すると突然ミーナが超能力(予知能力)に覚醒する。「血がみえた」ついに悪い予感が的中か?
一方、ポルフィはとある森へ迷い込む。そこへ柄の悪い猟師があらわれ、アポロを撃ち殺す。
その頃ミーナは大号泣
:・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・え〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!


ミーナって占い師の素質だけは間違いなくあるな。まさか、最終回イザベラさんのあとを継ぐとか言ってギリシアに帰らなかったりしてw
でも何か目覚めたみたい。ギリシアを後にして以来初めて(たぶん)アニキのことを口にしたからな。

アポロ死亡。主人公の相棒と言うべきペットが死ぬとは、七ティコ以来の悲劇。こんなことなら第37話でアポロJrでも作っときゃよかったな。そんなことよりアポログッズはどうする?東京駅地下の名劇ショップの対応が気になるところだ。

おっっ!今度こそアレッシア再登場じゃまいか!(たぶん)
posted by ポコニャン at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 第41話〜52話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。